スナップの極意 撮影日

先週2日の座学を受けて、12/16の撮影日となりました。場所はスナップの聖地(?)銀座です。

そして講師は私、HisayaTANABEが勤めます。

1月は「カメラそもそもワークショップ」を行います。

当日は銀座シックスの前に集まってもらいました。本当に余談ですがこの日の昼前に川崎と鶴見の間で架線事故がありまして、ほぼ6時間にわたって運休などの影響があり、川崎や横浜から都心に来られる方は直撃されました。かくいう私もその一人、もう間に合わないかとドキドキのスタートになりました。

 

なぜ銀座かというとやはり歩道の幅が広いから撮りやすいんです。さらに土日祝は歩行者天国なのでスナップ天国と化します。また銀座を歩く方は存外おしゃれな方が多いので一発で絵にしやすいというのも利点です。もちろんどこでも、どの街でも素敵なスナップは撮れますがせっかくの実験ですから成功しやすい街で撮るのも秘訣でしょうかね。

今回のテーマは「造景に人を入れる」です。上のように街の中にフレームを見つけてそこに人を配置することの実験から始めました。

スナップの撮り方に興味がある方はぜひ試してみてください。実際やってみるとわかりますが途端にシャッターが押せなくなります。またスナップというのは一回しかチャンスがないのがよくわかります。

シルバーのフレームにそれぞれ入れてみました。こんな感じでちょっとお題を出しながらパターンを増やしてもらいました。

この交差点も造景がてんこ盛りです。ここではちょっと変則で色合わせをしてもらいました。

参加者のリュックが赤だったので赤合わせで遊んでみました。きちんとスナップすると以下になります。

いくつかやり方をお伝えしたのち自由行動にしました。いくつか私のをご覧ください。

XPLはこう撮りなさいというようなことは一切しません。教えるのではなく、参加者が自分のイメージ通りに撮る為のコーチをします。実験と実証の体験が最大の上達の道だと思います。アナログだからこそできることが大前提です。現場で体験しないとどうしても得られないことがあります。

実は一番日常的なジャンルだと思われているスナップこそかなり手ごわいジャンルで、その撮り方がわかるとフォトライフが根底から変わるのではないかとすら思っています。是非ご参加いただき体験してください。

1月は「カメラそもそもワークショップ」を行います。

1月のX Photo Laboratory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です